1. 太陽の下歌詞

「太陽の下」の歌詞 レミオロメン

2006/3/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼんやりちて かがやほし 太陽たいようおくもの
曖昧あいまい地平線ちへいせん そのこうでもひといとなんでる

こいをしたりして 涙流なみだながしたりして
音楽おんがくにのせて 地球ちきゅうおどるんだ

わらって心開こころひらいたら
あなたの事好ことすきになった
一巡ひとめぐ太陽たいようした
ふかねむりからめたら
もうすこ素直すなおきたいよ
だってあなたにいたいから

時々僕ときどきぼくたちは只々続ただただつづ日々ひび嫌気いやけがさし
とおくのランドマーク ほそをして見上みあごしている

あせったりして のこされたりして
あさるたびに ゆめからめるんだ

くしたこころ隙間すきま
あなたの笑顔えがおひろがって
おともなくなみだこぼれたんだ
ふかかなしみのうみでは
どんなうたさえひびかないよ
もしもあなたにえないなら

かぜなかとしものした
花火はなびうえ月明つきあかりがぽっかりいた
ぼくらはただそれを見上みあげていた

わらって心開こころひらいたら
あなたの事好ことすきになった
一巡ひとめぐ太陽たいようした
ふかねむりからさめめたら
もうすこ素直すなおきたいよ
だってあなたにいたいから
かがや太陽たいようした
ぼくらは素直すなおきれるさ
そしてあなたにいにくから