1. 小さな幸せ歌詞

「小さな幸せ」の歌詞 レミオロメン

2010/3/3 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなおおきな失敗しっぱいもあるけど
いつかはわらってきていけるように
だれだってこころ隙間すきまきずがあるもんさ
そうきみわらえばぼくうれしくて

欲望よくぼううずまれる都会とかいだけど
時代じだいなみまれる田舎いなかだけど
あきらめやかなしみと どうったらいい
からだだけは大事だいじにとはは言葉ことば

はる木漏こもなか希望きぼう光探ひかりさがしているよ
遠回とおまわりしてもいつか出逢であえるかな ちいさなしあわ

いてつかれたよる
だれかにこころからあまえてみたいのさ
どんなにつよきていくでも
やさしさをらずにはねむれない
はる東京とうきょう 月明つきあかり
耳鳴みみなりがするようなしずかなひかり
記憶きおくなか千本桜せんぼんざくら はな満開まんかい

もしもおおきなしあわせのなか
くしてしまった日々ひびいとしいかお
何度なんど何度なんどでも過去かこかえれるけれど
過去かこ一度いちどいてくれない

化石かせきみたいなゆめでもまだかすかにあたたかいわけ
使つかふるされた言葉ことば まえいましかないから

人混ひとごみをけながら
自分じぶんもその一人ひとりづいたとき
携帯電話けいたいでんわ履歴りれきボタン だれこえきたかったんだ
夕焼ゆうや小焼こや東麻布ひがしあざぶ するどとがった東京とうきょうタワーのさき
そらかんだひつじぐも あのころのままかい?

はるかぜまぼろし公園こうえんのブランコれて
ちいさい子供こどもたちのわらごえひびわた

ちいさなはなのようなしあわ
いろとりどりのちいさなしあわせを
かせるためにきていきたいな
あいするものささげた人生じんせい
はる東京とうきょう 薄紅うすべに桜並木さくらなみきかぜられているよ
そうきみ笑顔えがおにもうつくしいはないている