1. 日曜日歌詞

「日曜日」の歌詞 レミオロメン

2004/3/9 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
ときまばたきのあとみずあとなが
プールのにおいをのこして 日曜日にちようびまちわた

ジリとく アスファルト サンダルがけてしまうよ
してゆく乗用車じょうようしゃ 排気はいきガスに蜃気楼しんきろう

あせばんだTティーシャツ ぬぐいながら空眺そらながめれば
しろ入道雲にゅうどうぐも今年ことしわらぬなついろ

こんななにかんがえず かんじるままがすべてなのさ
窮屈きゅうくつ日々息詰ひびいきつまった こころ青空あおぞらたして

魔法まほうまばたきのあとみずあといてくる
かぜがヒュルリと土曜どようまでのことわすれる

アイスでもべてみようか いそがなきゃけてしまうよ
日影ひかげねむるネコのように のみのままかえみち

ペタリ サンダルのおと 鼻歌合はなうたあわせてあるきましょう
近道ちかみちもいいけど 遠回とおまわりするのもたのしそうだ

こんななにかんがえず かんじるままがすべてなのさ
窮屈きゅうくつ日々息詰ひびいきつまった こころ青空あおぞらたして

いくとしかさねてみても 自分以外じぶんいがいにはなれやしない
だれもが一度いちど子供こどもだった あののことをおもした