「明け星」の歌詞 レミオロメン

2009/7/15 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
前田啓介
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあまえ一番暗いちばんくらいねってまだ
らない目覚めざまし時計どけい
たまにはやきてしまったあさ なぜ?
わけもなくさみしくて
昨日描きのうえがいた明日あした
今始いまはじまろうとしているのに
なん準備じゅんびもできてないぼく

ひがしそらしらんでゆくのをてた
まれたての今日きょう
みみませばまちひときている
そう一人ひとりじゃなくて

都会とかいゆめ 沢山たくさんうそ本当ほんとう
ちがえたボタンが
奇麗きれいそろことはなさそうだけどもう
まえだけをてみるよ
どれほどの期待きたい
らばってしまう現実げんじつかべそらにも
星輝ぼしかがやくよ

朝焼あさやけがまちすべるようにひろがって
暗闇くらやみらししてく
それぞれの理由りゆうまわほしじく
見失みうしなわぬように

かぜんだまち
がたには
しずかなはじまりの予感よかんがある

ひがしそらしらんでゆくのをてた
まれたての今日きょう
みみませばまちひときている
ねえなにをしようか
昨日きのう今日きょうわらぬ景色けしきいろ
朝日あさひのぼったよ