「星取り」の歌詞 レミオロメン

2008/10/29 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
まぶしいひかりおおいかぶさった 時計とけいはりんだハンカチで
心色こころいろとりどりの感情かんじょうあふして 夜風よかぜをさまようの

のひらほどのつきえた あのなつ景色けしき かさなった
だから些細ささいゆめたの あなたの笑顔えがおつつまれた

いたくて 花火はなび夜空よぞらさがしたかがやまぶしすぎて
わたしにはあける勇気ゆうきもないままに ひとみからなみだぽつりとこぼれた

欲望よくぼう それはひとつのうみいろ ゆらりられた小舟頼こぶねたよりなく
こころない言葉ことば感情かんじょう裏返うらがえしが れだしてしまったの

のひらほどのあいしい せめてこころれるほどの
そしたら呼吸こきゅうはじまって 時計とけいはりうごすの

夜明よあけには金星きんせいがひとつ ひがし太陽たいようにらみつけて
えそうなわたし心張こころはりつめて ひとみからなみだ 延々えんえんこぼれた

あのなつかえれないまつりの
ゆめ路地裏ろじうら かぜよるれてきた
わたし大切たいせつなにかをまもこと それをてること
せまられた日々ひびさえなつかしく
おもになってしまった

いたくて 花火はなび夜空よぞらさがしたかがやまぶしすぎて
わたしにはあける勇気ゆうきもないままに ひとみからなみだ 延々えんえんこぼれた
花火はなびのいないそら 秋風あきかぜいた