「春夏秋冬」の歌詞 レミオロメン

2005/3/9 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
レミオロメン
文字サイズ
よみがな
hidden
はるつきわらよう
なつ花火はなびこいをするよう
あきそらよう
ふゆはどこまでもけるよう

かぜった いつもの月曜げつよう
朝焼あさやけにまるころ むねくるしくてさ
それはゆめつづき それともはじまり
一掴ひとつかみ ざらめいし こころした
いたずらにひかりきみかみ上滑うえすべ
まばたきの世界せかいいろえてしまった

はるはなみだれて
なつ夕日ゆうひむねがした
あき枯葉かれはかぜいて
ふゆゆきまちごとこころめていった
うばっていった

にじった 何気なにげない月曜げつよう
ちぎれそうな綿わたくも いてももどらない
それはゆめ最中さなか 街灯がいとう夜待よるま
一光ひとひか二番星にばんぼし こころきみがいる
おおげさな格好かっこうふくらみつづけるこの気持きも
まばたきの世界せかい引力いんりょくえてしまった

はるつきわらよう
なつ花火はなびこいをするよう
あきそらよう
ふゆはどこまでもけるよう
ぼくきみこいをした
ぼくきみこいをしてしまった
のぼってしずんでった
よるこうに明日あしたってた