「昭和」の歌詞 レミオロメン

2003/11/19 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
海沿うみぞいの みちをひたはし
あせこともなく いそ理由りゆうもなく

宛名あてなのない手紙てがみのように
えるねずみ花火はなびのように

まぶしい日差ひざしが横顔よこがおつめたいかぜけるだろう
あいされたぶんまでとおくまで こうとめてしたたび

おきふねは いつ頃戻ごろもどるだろう
ちわびるかげが ガラスしにうつ

ゆめのためうためきるため
あいするひとそばにいるため

まぶしい西日にしびかたいてきて せつないおもいがむねめる
あいされたぶんまでつよくなれ かせながらたびつづ

潮風遠しおかぜとおはこべと 落葉おちばひろい そこへげた

うみ地平線月ちへいせんつきらし ひとぬくもりがこいしくなる
さびしさの分優ぶんやさしくもなれ 一人ひとりもろささえめて
てしなくつづよるなか街灯がいとうかりかぞえてすす
あいされたぶんまでとおくまで その意味いみさがしたたび