「永遠と一瞬」の歌詞 レミオロメン

2005/3/9 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
レミオロメン
文字サイズ
よみがな
hidden
ふるした スニーカーのかかとんで ジャンプする
とおくまでぶイメージのまま 白線はくせんさえもえてゆけ

永遠えいえん彼方かなたからこぼれちて ながぼしにしがみついた
はなした枕元まくらもとに そんなゆめいくのこした

希望きぼういろ空色そらいろ 見上みあげるけどべないまま
ぼくぼくだよとつぶやけば
ありのままでいることはこれほどむずかしい

下駄箱げたばこなか ほこりのにおい くすむおも灰色はいいろ
えがいた背中せなか かがみ姿すがた ちぐはぐぎてわらえない

一瞬いっしゅん隙間すきまから はがれちて ながぼしにすがりついた
ました枕元まくらもとに そんなゆめいくのこした

希望きぼういろ空色そらいろ 見上みあげるのさべるまで
ぼくぼくだよとつぶやけば
ありのままでいることはこれほど容易たやす
いつだったたび途中とちゅういつもより荷物にもつすくなめ
はなして 宇宙うちゅうになって
やみなか ばたいて ゆっくりととりになりたい

希望きぼういろ空色そらいろ 見上みあげるのさべるまで