「紙ふぶき」の歌詞 レミオロメン

2006/5/17 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
前田啓介
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ、こたって意味探いみさがしてなにもせずぼやいて
何日なんにち 何十日なんじゅうにち きてる
突然とつぜん 目覚めざめるっておもっていたけどそうでもなくて
何年なんねん 何十年なんじゅうねん きてる

あきらめてしまうこととげやりになれないこと
その狭間はざまひとみじた

不器用ぶきようきる意味探いみさがして
かみふぶきからひとさぐるよ
真冬まふゆそら がって
こころひびかぜ音聞おときひと旅路たびじ
どこまでびるかな
ゆめ型抜かたぬふゆしてゆくよ

ああ、イメージってかたちもなく空気くうきみたいだから
ぼくらの欲求よっきゅうはふくれがる

退屈たいくつとスリルかん天秤てんびんにかけることも
いつのにかこわくなって

かぜもなくちつくした日々ひび
脈打みゃくうってたよこころ場所ばしょ
真冬まふゆなか ゆきかす
ぼくらはらしさをさがしている?おもしてる?
どちらもおなじさ
日々ひびあしつけふゆしてゆくよ

不器用ぶきようきる意味探いみさがして
かみふぶきからひとにぎるよ
真冬まふゆそら がって
こころひびかぜ音聞おときひと旅路たびじ
どこまでびるかな
ゆめ型抜かたぬふゆしてゆくよ

ゆめ型抜かたぬふゆしてゆくよ