「茜空」の歌詞 レミオロメン

2007/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆうべのつき一昨日おとついのこりの はるにおいでめる
わたしきなスニーカーでかよみちいた桜並木さくらなみき

みみさきでは四月しがつむしうたこころふるわすようにかなでるから

茜空あかねぞらはなびらのなか
ゆめだけをしんじてけろ
ひとみには未来みらいかがやいている
そうはるだから

さむさののこ窓際まどぎわのベッドの むねあたりがざわついた
わたしおも自分じぶんうつろってべつだれているようで

こころこえ必死ひっしさがしていたら うっすらまどそとしらんでいった

茜空あかねぞら せた月夜つきよるさえも
あさへとげるから
今日きょうまよわずきていたい
もうないから

たび途中とちゅう 無知むちのナイフで無闇むやみやたらにけた
こころきずいたむけどまるくなんかなりたくない
情熱じょうねつえないでかがや

茜空あかねぞらはなびらのなか
ゆめだけをしんじてけろ
ひとみとは未来みらいそのものだから
かがやかせて

茜空あかねぞら よるあさ狭間はざま
はじまりの孤独こどくまろうと
ひとみには未来みらいかがやいている
そう はるだから

そう はるだから