「蒼の世界」の歌詞 レミオロメン

2005/10/12 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
あおかげ 霧雨きりさめれてかげった
尻餅しりもちねたどろ あきかおった
ぼく出会であったころようわらえない

空高そらたかながめれば ひと一人ひとり
みきった孤独こどくからやさしさすくって
ちいさなぬくもりのなかなみだこぼれる

とお背伸せのびで見上みあげた未来みらい
もろくてもときつづくのかな
けむ秋空あきぞら

このままどこからない世界せかい
つけてみないかい二人ふたり
あめがっていったそらにじよう
つめたいあめ ふかまる季節きせつ
せめてぼくらはかささして
骨張ほねばった木々きぎをくぐるよれた落葉樹らくようじゅ

そらなみ かぜになりかみすった
てたトタン屋根やね パタパタった
みんなちていきながらまれわる

上手じょうずいた図面ずめん未来みらいとおいけど
たびつづくだろう
季節きせつをループしながら

飽和ほうわ時代じだい たせぬおも
矛盾むじゅんもりあめ
こころなかぼくつちかえ
どろにまみれてまれわろう
きみ呼吸こきゅうきながら
とし未来みらい根付ねづくよ落葉樹らくようじゅ

とりらす太陽たいようした
旋回中せんかいちゅうかげ 地面這じめんは
あき重心じゅうしん 日々ひび円周えんしゅう
コンパスのはりった
世界せかい色付いろづゆめ

もう一度いちどどこからない世界せかい
つけてみないかい二人ふたり
まないあめもじっとつよ 息潜いきひそめて
無限むげん未来みらい ふたた出会であ
空気くうきなかした
しあわせにそっとまじわるよ
なか
シャラララ…
あめがっていったらそこににじ気配けはい