「虹色」の歌詞 レミオロメン

2005/2/9 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
レミオロメン
文字サイズ
よみがな
hidden
あさというにはおそすぎて
めたらまぶしすぎて
そらはきれいで
いやになってしまう

今日きょうといういて
虹色にじいろすべ使つかって
インクがくなるまでいて
それをかえ
おな二枚にまいくて
くもわるくもそれがぼく
このさきずっと背負せおうのなら
せめて虹色にじいろえがいてみる

そとかぜつめたすぎて
したシャツもかわきそうで
なにはじめなきゃ
るにははやすぎるさ

今日きょうといういて
キャンバスをすべ使つかって
あさからよるかおになって
それをかえ
おな二枚にまいくて
くもわるくもそれがぼく
このさきずっと背負せおうのなら
せめて虹色にじいろえがいてみる

めたふりして
していくの
こころおくでは あきらめちゃいない
夕日ゆうひがこんなにもあかいのには理由わけがあって
まってはいけないとげているんだ

今日きょうといういて
虹色にじいろすべ使つかって
インクがくなるまでいて
それをかえ
おな二枚にまいくて
くもわるくもそれがぼく
このさきずっと背負せおうのなら
せめて虹色にじいろえがいてみる