1. 蜃気楼歌詞

「蜃気楼」の歌詞 レミオロメン

2006/3/1 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
ぐにびた高圧線こうあつせんそらって
りゅうよう入道雲にゅうどうぐもがそれを横切よこぎった
退屈たいくつしばられた太陽たいようなつ日差ひざ
迷走めいそう足跡あしあとからびる影法師かげぼうし

ねえこのさいだから単調たんちょうげて

そよかぜすずしくて ほら なつ午後ごご 風鈴ふうりんいたんだ
ひかりまぶしくて ただ きみかげ あしでなぞるんだ
そこにながれるのはなに永遠えいえんならなつ蜃気楼しんきろう
すべてをしがることで このときめてしまいたい

東名とうめいびた渋滞じゅうたいれつねつげて
休符きゅうふようとりれがそれをした
マンネリにおかされた太陽たいようなつ日差ひざ
何時いつだって目的地もくてきち白線はくせんそと

ねえこのさいだから単純たんじゅんげて

かみなりおとがして ほら なつ午後ごご かげちかづいた
ゆめつづきのふりして とおくのそら 宇宙うちゅうひろがった
そこにながれるのはなに永遠えいえんならなつ蜃気楼しんきろう
なにもとめないことで このときめてしまいたい

きみかおりがしてほら
宇宙うちゅうひろがってただ

そよかぜすずしくて ほら なつ午後ごご 風鈴ふうりんいたんだ
ひかりまぶしくて ただ きみかげ あしでなぞるんだ
そこにながれるのはなに永遠えいえんならなつ蜃気楼しんきろう
すべてをしがることで このときめてしまいたい