「青春の光」の歌詞 レミオロメン

2008/10/29 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
ギラギラと都会とかい喧騒けんそう あるくと
砂漠さばくのよう みずしくなる
さっきまでわすれたのにきみこいしくなったりして
ったらしの解釈かいしゃく都合良つごうよくなって

ここは何処どこおれだれ
なにえてなにえない
わすれたのかい わすれたふりして
なつ太陽たいようあせうばわれて
青春せいしゅんひかりいまこそかがや

ゆらゆらと蜃気楼しんきろう社会しゃかい あるくと
ただしさの方角ほうがくにじ
理論武装りろんぶそうしててもこころなしじゃめきれない
ひねしたこたえで未来みらいかがやきはあるか

ゆめはどこでかがやいてる
かなえるたびだれのものだよ
えないのかい えないりして
なつ太陽たいようはだがされて
青春せいしゅんひかりえそうにれてる

かぜなかをどこまで
なにえてなにえない
わすれたのかい わすれたふりして
なつ太陽たいようあせうばわれて
青春せいしゅんひかりいまこそかがや