「Sakura」の歌詞 レミオロメン

2009/3/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さくらのはないているよ
きみつつんでいているよ
だからさみしいことはなにもないのさ
きみ笑顔えがおきだから

ゆめなか微笑ほほえんでみて
ぼくきみきしめるから
未来みらいいたような
ピンクの絨毯じゅうたん 一緒いっしょあるこう

しろくもこう
そらあおさはきっと明日あした明後日あさって
うつりゆくけど おなそらてるよ

さくら さくらのはないて
世界せかいきみやさしくつつんでいったよ
笑顔えがおがおつよがりもつよさも
ありのままのきみのことをあいしている

かなしいときこそわらおうか
きみぼくおしえてくれた
わらかどにはふくると
おどけるきみむねにいるよ

写真しゃしんなか二人ふたり
可愛かわい手首てくびにこっそりかくれたぼく
一人ひとりじゃないさ おなとききざむよ

さくら さくらのはなびらは綺麗きれいすぎて
たまにむねくるしくなってしまうけど
ってもっても花吹雪はなふぶきなかすすんでいこう
そしてまたえるまで

はるにおいがする
蜜蜂みつばちんでいる
のクローバーをきみにあげたいな
いくつ季節きせつめぐってもわらぬこのおもいを

さくら さくらのはないて
世界せかいきみやさしくつつんでいったよ
笑顔えがおがおつよがりもつよさもきなのさ
そのすべてをあいしている