「粉雪のシュプール」の歌詞 一十三十一

2006/12/6 リリース
作詞
一十三十一
作曲
bice
文字サイズ
よみがな
hidden
トンネルをけたら
こい予感よかんがした
こごててたの
かさもないわたし

あの日交差点ひこうさてん
ギュッとされてから
火照ほてからだ夜毎よごと
こころたたくモンスター

がる粉雪こなゆきのシュプール
あなたをいかけたいの
だれよりちかくで

おもってもないことをって
はぐれてしまわぬよう
素直すなおでいたいと
はじめておもWOWウォウ WOWウォウ

たかんでみせて
にくらしいくらいに
自由じゆう夜風よかぜ
あなたにはよく似合にあ

ちょうどいいとおも
わたしおどりましょう
さむふゆ隙間すきま
あいうたすべよう

かぞえきれない
よるいき
満員電車まんいんでんしゃりて
どこまでこうか

がる粉雪こなゆきのシュプール
あなたをいかけたいの
だれよりちかくで
まもってあげる WOWウォウ WOWウォウ

がる粉雪こなゆきのシュプール
あなたをいかけたいの
だれよりちかくで

心当こころあたりがあるのスターライト
ねがいがかなころには
となりわらって

がる粉雪こなゆきのシュプール
あなたをいかけたいの
だれよりちかくで
まもってあげる WOWウォウ WOWウォウ