「恋瞬 -こ・い・ま・ば・た・き-」の歌詞 一氏ユウジ(熊渕卓)

2015/3/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
見慣みなれた景色けしきが なぜか
透明とうめいかぜはこつづける

みそめたそのいま
むねなかあつくよみがえる

こたさがしすぎて つかてて
自分じぶんいろ見失みうしなうときも ひとりにしない

ゆめとおみち きみかけたら
すべての時間じかんめたまま
もとめた指先ゆびさき 明日あしたかおりほどいて
みちびくように つつ

ふたりできざんだ みち
きつめたおも微笑ほほえ

未来みらいかなでる おと
みみをすまして まる

たりまえのように ぎる日々ひび
しあわせすぎて戸惑とまどうときは おもかさねよう

季節きせつながれる きみかけたら
自分じぶん時計とけいてて
ひとみのレンズで つよきしめるように
こころおくきつける

こたさがしすぎて つかてて
自分じぶんいろ見失みうしなうときも ひとりにしない

運命さだめあらがきみかけたら
言葉ことばはかけずに って
つむいだいとから がるあおとり
はばたくときを のぞ

ゆめとおみち きみかけたら
すべての時間じかんめたまま
もとめた指先ゆびさき 明日あしたかおりほどいて
みちびくように つつ