1. 影踏み歌詞

「影踏み」の歌詞 一青窈

2005/4/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
卒業そつぎょうしたら
じぐざぐの前髪まえがみ
すこそろえ、
ママからの手紙てがみ
2回泣にかいなきそうになった

うそでもあまがわ一年一度いちねんいちど約束やくそくしたい

いないときも頑張がんばれたことが
いまになって自信じしんになって
づいてみたらたくさんのひとかこまれてた
きみぼくしんじてる

日記にっき、 みたいに
なにもかもりたい と
きみがこぼす
散歩道さんぽみちのとちゅう
ツツジのあまみつった

突然とつぜん ゆめ、 がめて 迷子まいごのきもちでかなしくなった

いつのにかおおきくなっても
ぼくより うんとしあわせがいい
いつから ずっとつよくてよわいの きみってて
おなそらみてくれてたの

縄跳なわとび、 ほうりだして つけた背中せなかにおかえりなさい