「Powder Snow ~永遠に終わらない冬~」の歌詞 三代目J Soul Brothers

2012/11/14 リリース
作詞
Masato Odake
作曲
Daisuke Kahara,SHIKATA
文字サイズ
よみがな
hidden
そっとれたゆびが かじかんで…
だからキミのかたせたよ
ぎこちないぼくのこと かくすように
しろ粉雪こなゆきっているよ

こまったかおして うつむくキミは
「ごめんね」と ぼくうでからげたけれど
いとしいそのひとみつめるたびに ねえ
らしもせず やさしい 微笑ほほえみをせる理由わけ おしえて

きたいくらい ぼくがキミを
きになればなるほど
何故なぜだろう キミはかなしそうだから
いたくても いたいって えなくなってしまう
はかなもる Powder Snow

すぐとなりをキミが あるいても
ひとりでいるような 孤独こどくがある
キュッとぼくこころ みつけて
ゆきみち 足跡あしあとのこひと

いろしながら ぬくもりもして
はじまった こごえるふゆのこのおもいを
なんべばいいのか こい片想かたおもいの
狭間はざまにあるよな 自分じぶんじゃ もうどうにもできないこのおもいを

ゆきになって キミのそら
つづけていたいよ
いたみを くすくらいつよ
ふゆそらいたいきぼく気持きもすべ
せたら つたえてよ Powder Snow

はじめてったときから キミのことがきでした
ほかひとじゃない キミだけが きで…
なんでもないかおをして わらっているけど
ぼくだけにる Powder Snow せつないよ

きたいくらい ぼくがキミを
きになればなるほど
何故なぜだろう キミはかなしそうだから
いたくても いたいって えなくなってしまう
はかなもる Powder Snow

永遠えいえんわらないふゆ