「いつも素顔の私でいたい」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2009/6/3 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころわたしきなものをきだとえない
可愛かわいいと注目ちゅうもくされるだれかのマネをしていることで
なんとなく安心あんしんするおんなでした

自分じぶんのペースであるくより
まわりと歩幅合ほはばあわせてあるくときのなまぬるさが
とても居心地いごこちよかったのです

いつも素顔すがおわたしでいたいのに
いつだってこころ厚化粧あつげしょう
無理むりをしてでも自分じぶんころしていたのは
ひときらわれるのがこわかったから

何度転なんどころんだってがってきたのは
まわりを裏切うらぎるようでつらかったから?
それともだれかに見捨みすてられてしまうことをずっとおそれてたから?

だれかにめられたいわけじゃないけれど
ときどき自分じぶんのしてることが本当ほんとうにしたいことなのかわからなくなるよ

いつも素顔すがおわたしでいたいのに
わらってないとくずれそうになる
背伸せのびばかりして自分じぶんをよくせようとしてるのは
あのころいまもたいしてわってない

いつも素顔すがおわたしでいたいのに
いつだってこころ厚化粧あつげしょう
無理むりをしてでも自分じぶんころしていたのは
ひときらわれるのがこわかった

いつも素顔すがおわたしでいたいのに
わらってないとくずれそうになる
背伸せのびばかりして自分じぶんをよくせようとしてるのは
あのころいまもたいしてわってない