「もう君をひとりにさせない」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2009/11/25 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
だれにも相談そうだんできずに なやふさんで
まったままうごけずにいたのは
いつのころだったかな

きっとひと自分じぶんきずつくと
相手あいてきずついてることにづいてあげられない
ずっときみくるしんでいたよね

おな毎日まいにちかえしのなか
きみわらないでいてくれるから
わたしもそのままの自分受じぶんうれられる

もうきみをひとりにさせない
ふるえるこころにそっとれて
さみしかったのは自分じぶんだけじゃないことにづいた

やわらかな陽射ひざしにつつまれて
ながすぎたふゆわるね
孤独こどくったぶんだけ きっと二人ふたりつよくなれる

あおそらかれて自由じゆう
ばたくあのとりのように
グレーな空突そらつけて
またきみにたどりいた

まようことなく現実高ソラたかがれ
おもうようにべなくても
くしてこまるものなどそんなにおおくないから

ときちかづきすぎてえなくなるやさしさや
もとめすぎてすれちがうこともあるけど
もうかなしみからげたりしない

もうきみをひとりにさせない
とおまわりばかりしてきたけど
さみしかったのはほかだれかじゃめられないこのこころ

またたときぎて
いつか今日きょうおもわっても
くしたくないものはたったひとつ『きみ』だとづいたから

もうきみをひとりにさせない
うつむく横顔抱よこがおだきしめて
さみしかったのは二人ふたりのあたたかさをっていたから

つないだこのもうはなさない
もうほかなにしくない
本当ほんとまもりたいものはたったひとつ『きみ』だとづいたから