1. 七つの海を渡る風のように ~U-ka's Solo Version~歌詞

「七つの海を渡る風のように ~U-ka's Solo Version~」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2007/6/6 リリース
作詞
愛内里菜,三枝夕夏
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
かぞえきれないほどの“いつか”は
いつになったらかなうの?
かなときはやってくるの?

ある意味いみばかり かんがえて
はじめの一歩いっぽせずに
自分じぶん訳増わけふえてく

一秒いちびょうたりとももどれず
一秒先いちびょうさきえず
こんな場所ばしょしんじきれるのはきみこころ

ななつのうみわたかぜのように
あお未来みらいゆめえがくよ
むねがつぶれそうなほど
くと
いつもきみがいる
あつきみがいる

きらめく奇跡きせきなみしぶき
世界中せかいじゅうに ほら あふれている
水平線すいへいせんけるオレンジ

でも現実げんじつ理想りそう限界げんかい境界線きょうかいせんこわれてく
ねぇ つぎはきっと あきらめない

日差ひざさがして
そだつ つぼみのように
きみ笑顔えがおらされてギュッとつよくなる

ななつのうみわたかぜのように
明日あしたあかはなかそう
こころのオアシス
いきまりそうなほど
つよきみかんじたい

この世界せかいかなしくまわるとしても
きみきるよ
もうつばさはたたまない

ななつのうみわたかぜのように
あお未来みらいゆめえがくよ
むねがつぶれそうなほど
くと
いつもきみがいる
あつきみがいる
つよきみかんじたい
ななつのうみわたかぜのように