「咲き誇れ」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2010/1/13 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
花開はなひらくことないまま うす紅揺べにゆらすつぼみよ
一瞬いっしゅんかがや夢見ゆめみて またつぎはるつのでしょうか…

このこい最後さいごであるよう どれだけねがったことでしょう
あたえられつづける空白くうはく未来みらいすべ
きみめてゆけたなら

ほこれ そしてりゆく運命うんめいなら
いっそきみのそのなかれてしまいたい
きみおもえがゆめちがっても かなわないとっても
わりのないゆめをみる
ときえて

きみうしなってしまっても いつかひとりにれてゆく
そんな自分じぶんかんじてゆくのがなによりかなしかった

ひと気持きもちは無意識むいしきらくほうながれるもの?
ならばわすれてしまわぬよう
えないきずふかきざみこみましょう

ほこはかないものほどうつくしく
かなわないものほどつよかれとらわれる
ねぇいつか このこころいたみをかんじなくなるのかな…
しあわせな記憶きおくでさえも 色褪いろあせてゆく

ほこれ そしてりゆく運命うんめいなら
なおさらきみのそのなかれてゆきたい
あたらしいはるおとずれに やわらかなかぜなか
わりのないゆめをみる
もうこさないで