「太陽」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2007/6/6 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
三枝夕夏
文字サイズ
よみがな
hidden
こいはまぶしくれる 銀色ぎんいろなみ
夕暮ゆうぐれはいつもせつないかぜはし

昨日きのうなみだ
あいする証拠アカシ
出逢であったことおもしてる

そらうみとがけるなつ
とどかなくても
きずついても
ずっときみつめていたい

このまま ひか太陽たいよう いつもきしめ
もうなにがあっても
後悔こうかいなどしたくない

いま える 太陽たいよう ずっとはなさない
いつか 季節きせつがめぐっても
きみりそっていたいよ

じたままだった こころのコンパス
つめればいつもさむきたしてた

だれからもかれたいと
無理むりをしてた
あせほどつのる不安ふあんをひそめてた

ありのままでられるのは
だれもいない
部屋へや1人ひとり
ときだけだとずっとおもってた

このまま あか太陽たいよう きみきしめ
たった一度いちど人生じんせいだから
後悔こうかいなどしたくない

いま える 太陽たいよう わらぬこのおも
いつか 季節きせつがめぐっても
きみりそっていたいよ