「最後のキスは氷のように冷たかった」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2004/11/17 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
五大ゆり
文字サイズ
よみがな
hidden
うほどにしあわせな 夏休なつやすみのぬくもりをけた
夕暮ゆうぐ一人ひとりぼっちの遊園地ゆうえんち
びた観覧車かんらんしゃられながら

そらそらへと がれ
きみ笑顔えがおさがしにゆく
また明日あした あたりまえのように
えるとうたがわず
そしてきみ突然とつぜん そら彼方かなた
I miss you.....

クリスマスのかえみち 他愛たわいもない喧嘩けんかわかれた
ゴメンネもまだえずにいるよ
がつけば 季節きせつうつろい

粉雪こなゆきのように にぎりしめた途端とたん
けてえた はかないいのち
最後さいごのキスはこおりのようにつめたかった
Please, open your eyes again.....

絶望的観測ぜつぼうてきかんそくはじまる
すべてのこたえは
きみえないということ.....

きみやすらかな寝顔ねがお
永遠えいえん」という言葉ことば意味いみりました

最近さいきん づくと
きみこえおもせないよ かなしいほど
もうすぐ一番高いちばんたか場所ばしょくよ
はじめて二人ふたりキスしたおも場所ばしょ

きみやすらかな寝顔ねがお
運命うんめい」という言葉ことば意味いみりました

最後さいごのキスはこおりのようにつめたかった