1. 空飛ぶあの白い雲のように歌詞

「空飛ぶあの白い雲のように」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2006/9/20 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなに前向まえむきでもむこともあるよ
つないだ 幾度いくど空回からまわ都会まち

いてははかなきこの世界せかい
キミだけつよあいしてた
わすれずにいると指切ゆびきりをした
あのなつはもうとお

空飛そらとぶあのしろくものように
えない不安ふあんだれにでもある
かえもなくときぎて
いくつになったら大人おとなになれる?

まるまった背筋せすじをピンとばせば
とおくの景色けしきえてくるよ
ゆめへのとびら一歩手前いっぽてまえ
一人静ひとりしずかに未来あすってる

夕焼ゆうや色染いろそまるそら かえみちはいつも
ふるさとのにおいがしたね おさな日々ひび

つきひかりさとされながら
ねむりにつくころ きみ気配けはい
そっとココロにもつれまとうよ
きずつかず あいせない

空飛そらとぶあのしろくものように
後悔こうかい風胸かぜむねけても
あたらしい季節きせつむかえにゆく
いまはまだまだみち途中とちゅう

このたとひかりなくしても
あふおもいは色褪いろあせずに
こころでしかえない宝物たからもの
きっとさがつづけていたい

空飛そらとぶあのしろくものように
ありのまま 自由じゆうかたち