「雲に乗って」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2007/1/31 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
三枝夕夏
文字サイズ
よみがな
hidden
どんな時間ときも かけがえのない 愛信あいしん
どんな季節ときも つながってる 未来みらい

特別とくべつおもより
何気なにげないしぐさにかれてる
ただいたくて
言葉ことばにしなきゃ不安ふあんだよ
どんなにきつくったって
ひとつになんてなれないし
気持きもちはかたち出来できないし
ねぇねぇ、
いそがしいときほどいたくなるのはなんでだろう?
今日きょうこたえが明日あしたちがうとしても
二人ふたりわらずに 一瞬いっしゅん永遠えいえん
ずっとつめていたい
あいしていたい ゆめみていたい しんじていたい……

やわらかな くもって
今日きょうきみをずっとかんじてる
ながあまくもって
きみはどこにいるの

かえるとなにもないそらなのに
嗚呼ああ なつかしいのよ
やさしいきみ笑顔えがお そっとれてる

どんな時間ときも かけがえのない 愛信あいしん
どんな季節ときも つながってる 未来みらい

きしめてくれる
ぬくもりはとおそらした
いまここはひとりビルのした
約束やくそく わした あののキス
ふたり かんじた しんじるあい
いとしい きみくるしめるもの
世界ここから全部ぜんぶなくしたい
ねぇねぇ、
いつもよりながめの電話でんわうれしいけど
ホントは 毎日まいにち
1分いっぷんでもいいからきみいたいし
ホントは 毎日まいにち
ひとことでもいいからこえきたい
わらいたい そばにいたい むねいた

黄昏時たそがれどきくもって
むねおく きみせる
まぐれな あつくもって
きみはどこにいるの

はかな陽炎かげろうのように
ゆらゆられてはえてゆく記憶きおく
一番大切いちばんたいせつなもの 見失みうしなわぬように
あたらしい未来みらい