1. 青春の空歌詞

「青春の空」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2004/11/17 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
岩井勇一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
きみれるからだれもいないみちを よくえらんであるいたね
きらいなふゆ季節きせつきみがそばにいればたのしかった
あいまいに微笑ほほえむへたくそな笑顔えがお わたしにしかせない素顔かお
やさしいフリしないきみだから だれよりしんじられた

こんな毎日まいにちずっと つづくといいのになぁと
おもっていたのに しんじていたのに
とき二人ふたり大人おとなえた おもえた

さよなら 夕日ゆうひ
さよなら キレイなまち
さよなら いとしい日々ひび

それぞれ自分じぶん
歩幅ほはば自分じぶんえらんだ未来あす
別々べつべつゆめ
いつか またわらってはなせる
るまで しんじて Faraway

不調和ふちょうわ生活くらしなか精一杯せいいっぱい 足並あしなそろえる都会とかいもり
ゆめかなえるために すべ一人ひとりたけれど
がんばらなくちゃっていう気持きもちが 自分じぶんささえてもいたしんでもいた
いまにもくじけそうな わたしとおくでしかってしい

わかれの 約束やくそくしたよね 絶対ぜったいにあきらめないと
きみはどうですか?」 いまもあののまま
自分じぶんゆめを ひたむきに いかけてますか?

大丈夫だいじょうぶって きみ
大丈夫だいじょうぶって たすけてくれた
あのこえきたいよ

ひとはきっと本気ほんき
あいされたとき 自分じぶんだれかを
あいする意味いみ
今頃いまごろ づくなんて せつない
でもづけずに 一緒いっしょにいるより かったよね

オレンジいろした 青春せいしゅんそら