「precious memories」の歌詞 三枝夕夏 IN db

2009/11/25 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
小澤正澄
文字サイズ
よみがな
hidden
反射はんしゃしてるまどこう
きみまち電車でんしゃられながら
とおりすぎるまでずーっとながめていた

どこまでもつづいている
この灰色はいいろそら見上みあげていると
なんだかもう 二度にどえないようながして

とおりすぎて景色けしきがサーッと一瞬いっしゅんでまた
過去かこへとわってゆく
大切たいせつ時間じかんはあっというまにぎて
づけばなつかしい
my precious memories

まわりと上手うまえない孤独こどく不安ふあん
いつもきみがさりげなくそっと
半分抱はんぶんかかえてくれてたね

あの頃二人口癖ころふたりくちぐせのように
何度なんども「たのしい?」ってたしかめあってた
こんなおだやかな毎日まいにちがずっとずっとつづいてゆく…
そうしんじていた

かぎりあるときなか
いったいひとはどれだけのキセキ
出会であえることができるのだろう
そして見送みおくれるのだろう

本当ほんとうはずっとずっとはなれたくなかったよ
ずっとずっと一緒いっしょにいたかった
ねぇきみ今幸いましあわせにらしていますか?
どうかしあわせでいて…

とおりすぎてゆく季節きせつなか
いまよりももっとつよ自分じぶんになれたら
いつかまた自然しぜんにあのころのように
わらってはなせるときがきっとくるよね

色褪いろあせることない
一度いちどきりの かけがえのない
my precious memories