「右胸のフェアリー」の歌詞 上戸彩

2009/7/15 リリース
作詞
常田真太郎
作曲
常田真太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ねじれたネクタイなおさず はしってるキミ
おくれないように ぶつかって よろめいて
いいことばっかあるわけない…ってかせて
通勤快速つうきんかいそくまれ はこばれて

しんじたもの いまはもう どこかにわすれて
ぼくなんかぬまで孤独こどくだっておもってるでしょ?

右胸みぎむねの ポケットに かくれているから
ピンチになったときには そっとなかを のぞいてみて
キミだけに とびきりの スマイルあげるよ
ちょっとでもおもくなったこころ かるくなったらなぁ

ちいさなカラダでゴメンね ギュッとしたいよね
でもそれ以上いじょうに イイコトが いっぱいある
心臓しんぞうみみをあてれば キミがわかる
そっとをつぶれば トクントクン つつまれる

かんじたこと ダイレクトに つたえあっていくんだ
ひびおと あたしのとおなじリズムきざんでる

今日きょうもまだ あせかいて がんばってるキミ
つかれちゃったときには あたしのこえ とどかせるよ
キミだけに とびきりの ファイトをあげるよ
ちょっとでもれてしまったこころ らくになったらなぁ

いつだって どこだって そばにいるんだよ
二人ふたり体温たいおんまでも 一緒いっしょなんだよ あったかいね

右胸みぎむねの ポケットに あたしがいるから
いたくなったときには そっとなかを のぞいてみて
ひか羽根はね って 魔法まほうをかけるよ
明日あしたからは 素晴すばらしい 毎日まいにちはじまるよ
キミだけに とびきりのスマイル あげるから