「ココロが..もう少し」の歌詞 上木彩矢

2007/10/10 リリース
作詞
上木彩矢
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
一人部屋ひとりへやでペンをはしらせ 今日きょう出来事閉できごととじこめた
時間じかんのないひとだから そばにいるのにとお
一人ひとりはどこか不安ふあんになって 今日きょうもまたやっぱりえない
すこしやせたがした ねむらないまち見下みおろす

ひとみおくかんがえる また孤独こどくあさむかえた
言葉ことば言霊ことだまになって
んでゆく いとしくて さびしすぎるよ

ココロが
もうすこちかくにいれたなら
この翼広つばさひろげて大空おおぞらべる
だれらない自分じぶんがもう一人ひとりここにいる
むねにとじこめて
かけがえのない貴方あなたのために

本当ほんとう大切たいせつなものは うまくつたえられなくなる
そうやってまって 季節きせつながれるのに
簡単かんたんえらんで ドアをたたいてただこたえをっていた
あのそらかぶくもはどこにくんだろう

きずつけたあとはばいかなしくて
げてしまいそうになった
こわれかけたまち
もういいの このまま あるいてみるから

ココロが
あとすこ笑顔えがおいたいな
おなほしをずっと二人ふたりつめていたい
あのれたココロ おさえきれなかった
出逢であった瞬間トキのトキメキ おぼえているよ

さみしい」とくちにすれば
せつなくなってしまう ゴメンネ
この夜空よぞら彼方かなた
明日あす未来みらいのこと

ココロが
もうすこ大人おとなでいれたなら
かるはず ひろ宇宙うちゅう出逢であえたキセキ

ねむれないよるには いますぐいにゆきたい
そして明日あした笑顔えがおえますように
えますように