「叶わないなら ~winter lovers~」の歌詞 上木彩矢

2007/10/10 リリース
作詞
上木彩矢
作曲
川本宗孝
文字サイズ
よみがな
hidden
ふゆ恋人達こいびとたちしあわせそうに街角まちかどとおりすぎる
てしない夜空よぞらに ただひとつのねがいをこめてねむ

キラキラとひかちいさなほしわたしていて孤独こどくなの?

かなわないなら 最初さいしょからきにならなかった
そのひとみ わすれないから
かけちがえたボタンのように この関係キョリもすれちがっていた
りっぱなしのデンワ きみからではないだろう

もうすぐふゆるのに すでにそと人一倍ひといちばい 肌寒はだざむ
にぎわうまちあかりは ココロとはウラハラに わらごえであふれてる

あのなつをくれたきみ最後さいごえるのはみずうえ ひろがる花火はなび

どんな明日あしたっているのだろう
どこへくのかも からないまま
どこにも居場所いばしょがなかった ずっとさがつづけていた
きみねむりにつけるなら

かなわないなら 最初さいしょからきにならなかった
すべつつんでくれたひと
本当ほんとう大切たいせつなモノ 見失みうしなってきていた
これからもっと自然しぜんきる

La La La La La La La
今度誰こんどだれかをあいせたら きっともっと素直すなおになりたい