「夏のある日」の歌詞 上木彩矢

2006/7/12 リリース
作詞
上木彩矢
作曲
水野幹子
文字サイズ
よみがな
hidden
きてゆくということは きっとそれはつよさなんだ
今日きょう両足りょうあしでしっかりとってることに意味いみがあるんだ

たくさんのあいつつまれたきみかなしげにそっと なみだがきらり

なつのむしあつなか そとわらいながらべたスイカが
こおりのようにめたうでなか やさしくフワリよみがえってくる

んでしまうということは きっとそんな勇気ゆうきがあれば
どんな出来事できごとちむかえる 特別とくべつちからだろう

かんがえながらやむより 失敗しっぱいしてからかなしもう
多分たぶん そのときには なぐさめてくれる仲間なかまがいる

なつすずしい夕暮ゆうぐれは 背中せなかなでるようにほほえむ
あのそらてごらん きっと明日あしたもまたわらえるだろう

なつくセミはあついとさけんでいるんじゃないよ きっと
きてるんだぞ」って声高こえたからかにひびかせて ここに存在そんざいするあかし
なつのむしあつなか そとわらいながらべたスイカが
こおりのようにめたうでなか やさしくフワリよみがえってくる

大切たいせつなものつけた いまわらず あの場所ばしょってる
きみのために… きみのために…