「桜絵」の歌詞 上木彩矢

2006/4/12 リリース
作詞
上木彩矢
作曲
麻井寛史
文字サイズ
よみがな
hidden
朝焼あさやけがいたいくらいしみてゆく まぶたのうら
いてあたまなかがユラユラメイテク

はやべてそのこえも もうひとりにしないで

桜舞さくらまなかながしたなみだはかなくもうつくしくて
あのおいてきた記憶きおく そっとアルバムにしまってゆく桜絵さくらえ

すれちが人込ひとごみでぶつかる ちいさなかた
よろこびもにくしみも全部ぜんぶ しょいこんでしまう

まちあかりさえもなみだでにじむ もうやさしくしないで

桜舞さくらまなかきしめたぬくもりはいまもあふれだしてく
あの日誓ひちかいあった約束やくそく かなしいほどにひびいてゆく桜絵さくらえ

いたいよ えないかな もういまさら
時間じかんだけがむなしくとおぎてゆく

桜舞さくらまなかで つないだ もうこの別々べつべつみち
あの日笑ひわらったことも わすれてしまうのだろう?

桜舞さくらまなかながしたなみだはかなくもうつくしくて
あのおいてきた記憶きおく そっとひとみうつしてゆく桜絵さくらえ