「クラスメイト」の歌詞 上村昌也

2012/9/12 リリース
作詞
平義隆
作曲
平義隆
文字サイズ
よみがな
hidden
なにもそんなにくことないじゃん
だから「あいつはやめときな」ってっただろう
放課後ほうかごずっとうからさ
はやきやんで もうこまらせないで

あいつのことでくるしむ そんなきみたくないから
ぼくにしとけばいいのに」って言葉ことば
またおもわずくちしてしまいそうになる

きみにとってぼくはクラスメイト お人好ひとよしの ただのボーイフレンド
わかっていても むねおくかくしてきた感情かんじょううずいているよ
けないぼくはクラスメイト 都合つごうのいいただのボーイフレンド
こんな関係かんけい こわほど勇気ゆうきもない意気地いくじなしの自分じぶんくやしい

ちがかたち出会であっていたら こんなつらさはらないでいれたの
きみなみだながぶんだけ ぼくきずつくこときみらない

あいつのことを相談そうだんされるたびに いつもぼく
応援おうえんするふりをしていたけれど
ねぇ いつまでそんなやくえんじればいいの?

きみにとってぼくはクラスメイト お人好ひとよしの ただのボーイフレンド
きみいたみをつよいて ぬぐうこともぼくにはできないんだね
けないぼくはクラスメイト 都合つごうのいいただのボーイフレンド
どうすればきみわらってくれるか そればかりをかんがえることしかできない

たとえきみうしなっても 本当ほんとう気持きもちを
けなくちゃ きになれたことさえ後悔こうかいしてしまうから

きみにとってぼくはクラスメイト お人好ひとよしの ただのボーイフレンド
わかっていても むねおくかくしてきた感情かんじょううずいているよ
けないぼくはクラスメイト 都合つごうのいいただのボーイフレンド
こんな関係かんけい いまこわして この気持きもちを正直しょうじきけてみるんだ

こんなにもあいしてしまったから