「ハダカの約束」の歌詞 上條ひとみ

2006/8/2 リリース
作詞
上條ひとみ
作曲
K3M
文字サイズ
よみがな
hidden
あつくせつないシャワーの せいかな
ったおも くもってえたの

そう かる出会であいから なにしくなかった
きみはなしたよわゆめだけがかりだった

理想りそうちが部屋へやごす時間じかん
だらしないほどに っていたよね

あのせてくれた 映画えいが結末けつまつきっと
最初さいしょ最後さいごやさしいうそ

ハダカのままの約束やくそく まもれるハズが なかった
ハダカのままの約束やくそく すこし はしゃぎぎたみたい
ハダカのままの約束やくそく 不器用ぶきようなままで ちかった
ハダカのままの約束やくそく それがまぶしくて かなしい…

「もう一度いちど」なんて ふざけてつぶやいた
自分じぶんがなぜか みじめにかんじてた

ゆるせなかったのは 仕草しぐさ? 言葉ことば? それとも…
あきらめをっていた その横顔よこがお?

ハダカのままの約束やくそく まもれるハズが なかった
ハダカのままの約束やくそく すこし はしゃぎぎたみたい
ハダカのままの約束やくそく 不器用ぶきようなままで ちかった
ハダカのままの約束やくそく それがまぶしくて かなしい

そう おおげさにつめうことも
あのやさしささえ いまくるしいだけ

ハダカのままの約束やくそく まもれるハズが なかった
ハダカのままの約束やくそく すこし はしゃぎぎたみたい
ハダカのままの約束やくそく 不器用ぶきようなままで ちかった
ハダカのままの約束やくそく それがまぶしくて かなしい

ハダカのままの約束やくそく
ハダカのままの約束やくそく