1. 君といた空歌詞

「君といた空」の歌詞 上野優華

2013/7/24 リリース
作詞
斉藤栞
作曲
加藤裕介
文字サイズ
よみがな
hidden
きたいときそらけばいい
ぼくとどくから”

なつ ふたつのかげ
偶然ぐうぜん つないでえて
なんでもえる きみにもえない
おもむねをきつくする

戸惑とまどかお気付きづいたのかな
卒業そつぎょうしても よろしくって
そらさけんだ

きみがいたから かなしみさえ
わらえるくらい つよくなれた
二人ふたり 別々べつべつみち えらんでも
足跡あしあとえない

季節きせつかぜれて
はる足音近あしおとちかくなる
未来語みらいかたった いくつものそら
いろどりまで おぼえている

不安ふあんまよえていくけど
ゆめ自分じぶん てないって
そらちかうよ

きみ明日あしたこいしいから
うつむくことも わすれられた
二人ふたり それぞれの場所ばしょ かうけど
昨日きのうまよわない

たとえ何色なにいろまっても
そらひとつしか ないように
二人ふたり いつまでも つながっている
そう しんじて

むねなかから あふれそうな
おもいはまだ えないけれど
なにより大切たいせつそらをくれた
だから大丈夫だいじょうぶ

きみとの約束やくそく