1. バス停小町歌詞

「バス停小町」の歌詞 中ノ森BAND

2006/11/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はる足音あしおとわせて
ぼくから卒業そつぎょうしていくきみ
かぞえきれないおも
「ありがとう」のはなかす

かないで 言葉ことばにはできなくて
むねおくねがっているの がついて

つないだはなせば二人ふたり
もうもどれないってってる
きみについた最後さいごうそ
めるにはよわすぎて 涙色なみだいろにバス まるの

じてはしってみても
おな場所ばしょへとたどりつく
なれたまち風景ふうけい
やけにさびしくむねをさす

からまわる気持きもちがただこわくて
またイジをはってしまうぼくゆるして

いたいよそら見上みあげて
大声おおごえさけんでみる
とおざかるバスきみ背中せなか
かくしたなみだふるえた

どんなふうわらえばいいの?
にした切符きっぷ ぼくれない

わすれないよ 何年経なんねんたっても
そばにいた笑顔えがおたちも
バスていまでのあるみちのり
さき二人違ふたりちが

とおざかるきみとバス さよなら