「ジンクス」の歌詞 中丸雄一(KAT-TUN)

2015/1/1 リリース
作詞
六ツ見純代
作曲
星野靖彦
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとの3ねんときがすぎ れたやすらぎのなか
出会であいのときめきなんてわすれて
わがままにごしていた

ささいなケンカしたあのよる
きみ部屋へやして
すぐにもどるはず そんなふう
おもったからめずにいた

携帯けいたいきみのコールをげず
時間じかんはすぎるいたずらに
不意ふいによぎる不安ふあんおも

きしめたい いつもちか場所ばしょ
あらためてかんじている
不器用ぶきようでたとえばドラマみたいに
格好良かっこよくはえないよ
いままでやってこれたふたりだから
こんな挫折ざせつけない
大事だいじにするよきみをこれからもずっと
だれにもきみわりはできないから

きしめたい いつもちか場所ばしょ
あらためてかんじている
不器用ぶきようでたとえばドラマみたいに
格好良かっこよくはえないよ
いままでやってこれたふたりだから
こんな挫折ざせつけない
大事だいじにするよきみをこれからずっと
だれにもきみわりはできない

きみつくるすべていまおもいだす
つよささえ イトオシイ
れたいもう一度いちどそのくちびる
出会であいのころのときめきよりも
ぬくもりをふかむねきざ
はなしたくないきみだけ
いつのかこんなよること
はなせるときにはそばにいてしい