「恋」の歌詞 源氏物語千年紀 Genji ED 中孝介

2011/10/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
せめて一度いちどくらい
いてしかった
せめてかぜのように
ただそばにいたかった

一途いちずおもいにかぎをかけ
めたこころ
いまもまだあまかお

あなたを あなただけを
いつでもていました
かないつぼみのように
むくわれないこいでした

ほかひとのための
笑顔えがおだとづいた
とおひびこえ
むねおくめつける

あきらめられたららくになる
うごこころ
くりかえしかせて

あなたを あなただけを
おもってつづけた
べない小鳥ことりのように
のないこいでした

桜舞さくらまそら黄昏たそがれ
せつなさもいたみさえもかかえたまま

あなたを あなただけを
いつでもていました
かないつぼみのように
むくわれない のないこいでした