1. 春歌詞

「春」の歌詞 中孝介

2008/4/9 リリース
作詞
あさのますみ
作曲
大坂孝之介
文字サイズ
よみがな
hidden
あれから ときはすぎて
おも出滲でにじんだ このまちには
はる陽射ひざしが そっと ゆれて
記憶きおく辿たどりながら
街路樹がいろじゅ つづみちければ
いるはずのない
あなたにえるがした

はるにはいたくて
いたくて
あなたをおも
ゆるくびる坂道さかみち
しろめるさくらはな

じればふいに ああ
いとしい笑顔えがおがよみがえる
かぜきぬける

秘密ひみつ近道ちかみちだと
はしゃいでけたあきには
ひとりのかげ
ながくながくびてゆく

わらない景色けしき
何度なんどでも
あなたをうつ
まどめるあかねぐも
背伸せのびをして見上みあげたそら

じればふいに ああ
あなたのこえ こえたがした
ぼくくす

みみおくむねなかに あのくれた言葉ことば
このおもいをなんべばいい?

はるにはいたくて
いたくて
あなたをおも
つないだゆび温度おんど
れたとおもった永遠えいえん

じればふいに ああ
いとしい記憶きおくがよみがえる
背中押せなかおすように

あいした笑顔えがおはここにある
ぼく顔上かおあげる