「愛までがナイフ」の歌詞 (ドラマ『天国の恋』エンディング・テーマ) 中山優馬

2014/4/2 リリース
作詞
松井五郎
作曲
馬飼野康二
文字サイズ
よみがな
hidden
なぜ ちぎれそうななみだ 二人ふたりむの
もしとがめられても きみがいましいよ
ぼくあついナイフになる

どうなるの? このさき
きみがかすかに ふるえる夜明よあ

きしめる からだごと
ヒビがはいるくらい 不安ふあんおそわれてる

だけどきずのように いとしさまらないんだ こころまではだかにして

なぜ ちぎれそうななみだ 二人ふたりむの
もしとがめられても きみがいましいよ
ぼくあついナイフになる

うまくゆく はずがない
そんなふうきみうでをほどいた

無茶むちゃだって われても
んでみればいい すべてをえるなら

えてゆく言葉ことばで なにをしばりつけるんだ こころまでさわれるのに

なぜ ちぎれそうななみだ まぼろしめつける
くるしみをっても きみがいましいよ
あいあついナイフになる

もうかえせないほど ぼくはそばにいるよ
なにをうしなっても きみがただしいよ

なぜ ちぎれそうななみだ 二人ふたりむの
もしとがめられても きみがいましいよ
ぼくあついナイフになる