「あたいの夏休み」の歌詞 中島みゆき

1986/6/5 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
たんパンを穿いた焼刃やきばレディたちが
うでんでチンピラにぶらさがってある
ここは別荘地べっそうち さかじゃないのよと
レースのカーテンのかげ ささやこえ
かねめて3まるのが夏休なつやす
週刊誌しゅうかんしんでやってれば数珠じゅずつなぎ
めたスープほうげるようにまされて
2だんベッドでも あたいの夏休なつやす
Summer vacation あたいのために
Summer vacation なつ ひるがえ

新聞しんぶんるほどわるいこともなく
賞状しょうじょうもらうほどえらいこともなく
そしてゆっくりと一年いちねんぎてゆく
やっと3もらえるのが夏休なつやす
貴賓室きひんしつのドアはきん文字もじのV.I.P.
のぞきこんでつまみされてる夏休なつやす
あたいだってまちじゃてたもんじゃないのよと
れたさけんで十把じっぱひとからげ

Summer vacation あたいのために
Summer vacation なつ ひるがえ

だけどあたいちょっとこのなつちがうのよね
昨夜ゆうべった土産物屋みやげものやのコースター
安物やすものだけど自分用じぶんようじゃないもんね
ちょっとわけありで今年ことし夏休なつやす
かなしいのはドレスがふるくなること
かなしいのはカレーばかりつづくこと
だけどもっとかなしいこと一人ひとり
だからあたい きっとってる夏休なつやす
Summer vacation あたいのために
Summer vacation なつ ひるがえ
Summer vacation あたいのために
Summer vacation なつ ひるがえ