1. やまねこ歌詞

「やまねこ」の歌詞 中島みゆき

1986/11/12 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
おんなまれて
よろこんでくれたのは
菓子屋かしやとドレス
女衒ぜげんおんなたらし
あらしあけの如月きさらぎ
かべれた産室さんしつ
まれちて最初さいしょ
いたこえ
落胆らくたん溜息ためいきだった
きずつけるためのつめだけが
けないとげのようにひか
そらからもらった
おくもの
このつめだけなんて
このつめだけなんて

きずつけうのが
わかりきってるのに
はなれてらせない
残酷ざんこく恋心こいごころ
ためにならぬあばずれ
危険きけんすぎるやまねこ
1秒油断いちびょうゆだんしただけで
さみしがってほかはし
薄情はくじょうやつ
なずけるゲームが
流行はやってる
つめたいゲームが
流行はやってる
よそをかないで
きしめて
ひとみをそらしたら
きっときずつけてしまう
ああ だれさがして
さまよってきたの
ああ めぐりえても
きずつけずにあいせなくて
あいしたくて
おびえているよる
きずつけるためのつめだけが
けないとげのようにひか
そらからもらった
おくもの
このつめだけなんて
このつめだけなんて
なずけるゲームが
流行はやってる
つめたいゲームが
流行はやってる
よそをかないで
きしめて
ひとみをそらしたら
きっときずつけてしまう
きずつけるための
つめだけが)
けないとげ
ようにひかる)
そらからもらった
おくものが)
(このつめだけなんて
このつめだけなんて)
なずけるゲームが
流行はやってる)
つめたいゲームが
流行はやってる)
(よそをかないで
きしめて)
ひとみをそらしたら
きっときずつけてしまう)
きずつけるための
つめだけが...)