「仮面」の歌詞 中島みゆき

1988/2/26 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
甲斐よしひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
おあいにくさま なに期待きたいしてたの
あまなぐさ無言むごんのぬくもり
そんなにふるえて なにおびえてるの
あれはあんたの正体しょうたいじゃないか
ったことじゃない あんたのいた
勝手かってそこまで ちぶれるがいい

羽振はぶりのかった時代じだいのように
おもがったくちをききなさい
おのれをらない 子供こどものように
なんでもできそうな くちをききなさい

ねえ おぼえてやしないでしょう
あたし あんたが文無もんなしだった
ころから ちかくにいたのにさ
ちかくで とれていたのにさ

てゼリフなしじゃ まちられやしない
そしてだれでも 内緒ないしょもどるよ
くだりのさかなら ちるさきうみ
そうさ あんたのうまれたまちへね
みじめなうたなんか ブルースシンガーに
くれてやるがいい てちまうがいい

ぼろぼろになって けものがむせぶ
うしなうものは もうなにもない
ぼろぼろになって けものねむ
あたしは邪険じゃけんきしめる

ねえ おぼえてやしないでしょう
あたし あんたが文無もんなしだった
ころから ちかくにいたのにさ
ちかくで とれていたのにさ

ぼろぼろになって けものがむせぶ
うしなうものは もうなにもない
ぼろぼろになって けものねむ
あたしは邪険じゃけんきしめる

ねえ おぼえてやしないでしょう
あたし あんたが文無もんなしだった
ころから ちかくにいたのにさ
ちかくで とれていたのにさ