1. 友情歌詞

「友情」の歌詞 中島みゆき

1981/3/5 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしみばかりえるから
このをつぶすナイフがほしい
そしたらやみなかから
明日あしたえるだろうか
かぎれないいたみのなか
友情ゆうじょうだけが えるだろうか

たくらみばかり ひびくから
このみみふさぐうみかえるよ
言葉ことばわすれたさかなたち
わらえよ わたし言葉ことば
わりれないさむさのなか
友情ゆうじょうさえも うしなっている

この見据みすえてわらうほど
つめたいさとりもまだてず
こののぞんで はしるほど
こころ荷物にもつかるくない
すくわれないたましい
きずついた自分じぶんのことじゃなく
すくわれないたましい
きずつけへんそうとしている自分じぶん

一番いちばんしいものはなにンですか
いのちけてもまもるものはなにンですか
時代じだいというあきらめが
こころというはしんでゆくよ
みち彼方かなたにみかけるものは
すべて獲物えもの泥棒どろぼうですか

この見据みすえてわらうほど
つめたいさとりもまだてず
こののぞんではしるほど
こころ荷物にもつかるくない
すくわれないたましい
きずついた自分じぶんのことじゃなく
すくわれないたましい
きずつけへんそうとしている自分じぶん

自由じゆうあるいてゆくのならひとりがいい
そのくせ今夜こんやも ひとの戸口とぐちねむ
たよれるものは どこにある
たよられるのがきらいな けものたち
背中せなかにかくした ナイフの意味いみ
わないことが友情ゆうじょうだろうか

この見据みすえてわらうほど
つめたいさとりもまだてず
こののぞんではしるほど
こころ荷物にもつかるくない
すくわれないたましい
きずついた自分じぶんのことじゃなく
すくわれないたましい
きずつけへんそうとしている自分じぶん