「夢だったんだね」の歌詞 中島みゆき

1994/10/21 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
ながいあいだちこがれてた
あたしにでも だれかのこっているかと
こんないいとしになってもしまっても
おとぎばなしじみたことをしんじて
あきらめかけてはをとりなおして ちこがれつづけてた
やっと運命うんめいひとえたなんて 勝手かっておもんだ
ゆめはいつでも あたしの味方みかた
あたしに都合つごうのいいことばかりよ
ゆめはいつでも あたしの味方みかた
かなしいことなど なにもない
でも……… ゆめだったんだね

ほどすこおもっていたら
人生じんせいかなしみは ほとんどないのに
ねがいと予感よかんはまちがえやすい
信頼しんらい期待きたいはあまりにもている
必要ひつようとされることがあったよと いあがってそら感謝かんしゃしたよ
ゆめはいつでも あたしの味方みかた
あたしに都合つごうのいいことばかりよ
ゆめはいつでも あたしの味方みかた
かなしいことなど なにもない
でも……… ゆめだったんだね

いままでみたいに こいのはじめから
うたがってかかればかったのに
かえりつけるうでがほしいだなんて
きっとすこさむさにつかれていたのね
べつにおどろくほどのこともないけど
今度こんどはちょっとダメージおおきいみたいよ
ゆめはいつでも あたしの味方みかた
あたしに都合つごうのいいことばかりよ
ゆめはいつでも あたしの味方みかた
かなしいことなど なにもない

ゆめはいつでも あたしの味方みかた
かなしいことなど なにもない
……ゆめだったんだね