「異国」の歌詞 中島みゆき

1980/4/5 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
とめられながらもまちならば
ふるさととばせてもくれるだろう
ふりきることをとうとびながら
たびさそうまつりがこえる

二度にどるなとつばまち
わたしがそこできてたことさえ
おぼえもないねとまちうなら
臨終いわわきわにもそこは異国いこく

百年ひゃくねんしてもあたしはねない
あたしをめる場所ばしょなどないから
百億ひゃくおくつぶはいになってもあたし
かえ仕度したくをしつづける

悪口わるくちひとつも自慢じまんのように
ふるさとのはなしはあたたかい
わすれたふりをよそおいながらも
くつをぬぐ場所ばしょがあけてある ふるさと

しがみつくにもあしさえみせない
うらみつくにもそでさえみせない
かれるいわれもないとうなら
あの地獄じごくもあたしには 異国いこく

まちはあたしをんでもばない
あたしはふるさとのはなしれない
くにはどこかときかれるたびに
まだありませんと うつむく

百年ひゃくねんしてもあたしはねない
あたしをめる場所ばしょなどないから
百億ひゃくおくつぶはいになってもあたし
かえ仕度したくをしつづける

百年ひゃくねんしてもあたしはねない
あたしをめる場所ばしょなどないから
百億ひゃくおくつぶはいになってもあたし
かえ仕度したくをしつづける

百年ひゃくねんしてもあたしはねない
あたしをめる場所ばしょなどないから
百億ひゃくおくつぶはいになってもあたし
かえ仕度したくをしつづける

百年ひゃくねんしてもあたしはねない
あたしをめる場所ばしょなどないから
百億ひゃくおくつぶはいになってもあたし
かえ仕度したくをしつづける

百年ひゃくねんしてもあたしはねない
あたしをめる場所ばしょなどないから
百億ひゃくおくつぶはいになってもあたし
かえ仕度したくをしつづける