「銀の龍の背に乗って」の歌詞 中島みゆき

2003/7/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あのあおざめたうみ彼方かなたいままさにだれかがいたんでいる
まだべないひなたちみたいに ぼくは この非力ひりきなげいている
いそかなしみ つばさわれ
いそ傷跡きずあと 羅針盤らしんばんになれ
まだべないひなたちみたいに ぼくは この非力ひりきなげいている

ゆめむかえにてくれるまで ふるえてってるだけだった昨日きのう
明日あした ぼくりゅう足元あしもとがけのぼぶよ「さあ こうぜ」
ぎんりゅうって とどけにこう いのち砂漠さばく
ぎんりゅうって はこんでこう 雨雲あまぐもうず

うしなうものさえうしなってなお ひとは まだだれかのゆびにすがる
やわらかな皮膚ひふしかない理由わけひとひといたみをくためだ
いそかなしみ つばさわれ
いそ傷跡きずあと 羅針盤らしんばんになれ
まだべないひなたちみたいに ぼくは この非力ひりきなげいている

わたボコリみたいなつばさでも みたいなたよりないつめでも
明日あした ぼくりゅう足元あしもとがけのぼぶよ「さあ こうぜ」
ぎんりゅうって とどけにこう いのち砂漠さばく
ぎんりゅうって はこんでこう 雨雲あまぐもうず

ぎんりゅうって はこんでこう 雨雲あまぐもうず
ぎんりゅうって
ぎんりゅうって