「鷹の歌」の歌詞 中島みゆき

2010/10/13 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたはつえをついて ゆっくりとあるいて
てはいけないようで わたし視線しせんはたじろいだ
あなたはとてもおそ身体からだはこんでいた
まわりのひとはみんな いたわりのしのべた
たかばれていたひと
うようにいのちはこ
なさい」 あなたの
なさい」 わたし
おそれるなかれ きることを」
たかつめて

世界せかいわってゆく あなたはいつもそれの
えてはならないことを つよくさけつづけて
世界せかいわってゆく あなたを嘲笑わらいながら
わたしはあなたのうた痛々いたいたしくかえ
灰色はいいろつばさせて
かすれたごえをあげて
なさい」 あなたの
なさい」 わたし
いのちえてつづくものを」
たかさけんでいた

あなたはまりもせず そのままあるいてゆく
面倒めんどうみちばかりを あえてあるつづけてゆく
わたし自分じぶんじる あなたをおもってじる
ラクなみちながれくだる 自分じぶんやすさをじる
たかばれていたひと
うようにいのちはこ
なさい」 あなたの
なさい」 わたし
おそれるなかれ きることを」
たかつめて

なさい」 あなたの
なさい」 わたし
おそれるなかれ きることを」
たかつめて